• ホーム
  • 専門外来で処方のED治療薬とアムロジンOD錠併用

専門外来で処方のED治療薬とアムロジンOD錠併用

白い錠剤と葉

勃起不全症(ED)は多くの男性が悩まされる症状です。
このED治療薬としては、バイアグラ(クエン酸シルデナフィル)、レビトラ(バルデナフィル)、シアリス(タダラフィル)が日本では購入可能です。
しかしいずれも処方箋医薬品なので医師が診察した上での処方が必要となります。
いずれのED治療薬も同じ作用機序を有しており、ホスホジエステラーゼVを阻害することでEDを改善します。
ホスホジエステラーゼVは血管平滑筋を弛緩させるcGMPの分解酵素です。
つまりそれを阻害することでcGMP濃度を高めて、血管平滑筋を弛緩させます。
血管平滑筋が弛緩すると血管の内径は大きくなります。
これが陰茎部で起こると、海綿体により多くの血液が流入するようになって勃起が起こりやすくなります。

このED治療薬を処方してもらう際には専門外来を受診するべきです。
なぜなら専門外来ではED治療薬の処方経験が豊富であるため、副作用や薬物間相互作用の回避につながるのです。
例えば、アムロジンOD錠との併用は気を付ける必要があります。
アムロジンOD錠は高血圧症治療薬で、カルシウム拮抗薬と呼ばれる薬です。
血管を拡張して血圧を下げる効果があります。
ED治療薬はいずれも血管を拡張させる薬で、その副作用として、頭痛、めまい、ふらつきなどの低血圧症状が現れることがあります。
ED治療薬とアムロジンOD錠とを併用することでその低血圧症状が激しく出ることがあります。
さらにどちらの薬も肝臓でCYP3A4による代謝を受ける薬です。
両者を併用するとCYP3A4を競合するため消失速度が遅くなります。
これによって余計に副作用が出やすくなったり、作用時間が延長したりします。
このような問題を防ぐためにも、処方経験の多い専門外来を受診しましょう。

関連記事
蛇の精力剤が効かないならED治療薬を使う方が良いかもしれません 2019年09月02日

精力減退を感じたときは、ドラッグストアなどのお店で、蛇のエキスが入った精力剤を購入している男性もあるでしょうね。ハブやコプラ、マムシ、ウミヘビなどには良質なタン...

ED治療薬を飲まない日本人男性の現状 2019年07月21日

ED治療薬といえば、男性の性機能を高める特効薬として期待されていますが、日本人男性の場合はこれを飲まない人も多いようです。もちろん、いつも元気な人は飲む必要はあ...

アジア製ED治療薬「ザイデナ」の効果とは 2019年07月07日

「ザイデナ」は、韓国の医療メーカーが製造しているED治療薬の一種であり、錠剤を口から水などで飲むといった経口タイプのものとなっています。その点は世界ではじめてE...