• ホーム
  • 妻のために悩みを治す・糖尿病によるED治療薬

妻のために悩みを治す・糖尿病によるED治療薬

糖尿病にかかると、EDになる確率が高くなります。
糖尿病は血液中の糖分の濃度が高くなる病気で、その糖分が血管や神経を傷つける原因になります。
重症になると失明や腎機能障害を起こしてしまうなど、合併症が怖い病気です。
糖尿病の治療を受けている人の80%がEDを合併していると言われています。
つまり、糖尿病の夫を持つ妻は、子どもを作りにくい状況だということです。
EDは男性本人も辛いですが、子どもが欲しいと思っている妻にも辛い状態です。
人によっては、妻に愛想をつかされて自暴自棄になってしまうという最悪のケースもあります。
こういう状況を回避するためにも、ED治療薬を使っていくことが大切です。
ED治療薬は一時的に勃起をサポートする薬であって、根本的な症状を治すものではありません。
つまり、飲まなければ、またEDの状態に戻ってしまうということです。
しかし、当面の目標が子作りであれば、ED治療薬で対処することは問題を解決する一つの選択肢になります。
じっくり時間をかけて治したいという人もいるかもしれませんが、いつ治るとはわかりませんし、その間に夫婦共々、年をとってしまいます。
年齢が高くなれば子どもを作りにくくなりますし、妻にとっては高齢出産による体の危険性も高くなります。
子どもを作りたいという問題解決ならば、ED治療薬を使ってその場しのぎをしても良いでしょう。
その後ゆっくり治していけば、とりあえず現状の問題を克服することが出来ます。
特にレビトラは食事の影響が少ないのと即効性が非常に高いのでデートで食事などをとった後に服用しても十分に効果を発揮してくれます。
いつもとは違う雰囲気をデート出して妻の気分を高めるのも良いでしょう。
ED治療は、妻の協力がとても大切です。
特に心因性のEDの場合には、夫の自信を失わせないように配慮しなければ、成功しません。
EDは夫婦どちらにとっても辛い問題ですが、治療薬もあるということを知っておきましょう。

関連記事
精力剤とED治療薬のどちらを使うか? 2019年10月17日

男性は70代や80代になっても、女性に魅力的だと思われたいものですが、ベッドで下半身が思うようにならなくなると、途端に自信を失い、何もかもが色あせて見えるように...

ED治療薬の影響を半分にする方法とは 2019年11月12日

ED治療薬の効果が強く出過ぎるときは、錠剤を半分にして飲むとよいです。薬の効果が強くなると、副作用も強くなるものです。副作用の影響をゼロにすることはできませんが...

蛇の精力剤が効かないならED治療薬を使う方が良いかもしれません 2019年09月02日

精力減退を感じたときは、ドラッグストアなどのお店で、蛇のエキスが入った精力剤を購入している男性もあるでしょうね。ハブやコプラ、マムシ、ウミヘビなどには良質なタン...

専門外来で処方のED治療薬とアムロジンOD錠併用 2019年08月07日

勃起不全症(ED)は多くの男性が悩まされる症状です。このED治療薬としては、バイアグラ(クエン酸シルデナフィル)、レビトラ(バルデナフィル)、シアリス(タダラフ...

ED治療薬を飲まない日本人男性の現状 2019年07月21日

ED治療薬といえば、男性の性機能を高める特効薬として期待されていますが、日本人男性の場合はこれを飲まない人も多いようです。もちろん、いつも元気な人は飲む必要はあ...